障害年金の金額はいくらもらえるか

障害年金の金額についてご説明します。障害年金の種類ごとに変わってきます。

障害基礎年金について(令和4年4月1日現在)

障害基礎年金は定額です。1級は2級の1.25倍となっています。

1級 777,800円×1.25=972,250円(+子供がある場合は更に加算額)
2級 777,800円(+子供がある場合は更に加算額)

※上記の金額は年額になります。

子の加算

お子さんがいる場合には加算があります。

1人目・2人目の子 (1人につき) 223,800円
3人目以降の子 (1人につき) 74,600円

※子とは次のようになっています。

○18歳年度末(高校を卒業する年齢)までの子

○障害等級1級または2級の障害状態にある20歳までの子

障害厚生年金について (令和4年4月1日現在)

障害厚生年金の額は、厚生年金に加入していた期間の長短、給与の額(払っていた保険料の額)などで異なります。なお、若くして障害を負ってしまい厚生年金の加入期間が短い方は年金額が低くなってしまうので、加入月数300月未満のときは、300月とみなして計算します。また、3級の場合には、年金額が低くなりすぎないように最低保障額が設けられています。

1級 報酬比例の年金額×1.25+障害基礎年金1級 (+配偶者がある場合は更に加算額)
2級 報酬比例の年金額+障害基礎年金2級 (+配偶者がある場合は更に加算額)
3級 報酬比例の年金額  (最低保障額 583,400円)
障害手当金 (一時金)

報酬比例の年金額×2年分 (最低保障額 1,166,800円)

報酬比例の年金額は年金事務所で確認できます。

配偶者の加算

配偶者の加算額 223,800円

 

実際に支給された金額事例のご紹介

障害年金がどのくらいもらえるのか実際に受給された金額の一部をご紹介します。

①50代で障害厚生年金2級を受給(眼の障害)

配偶者あり、子の加算なしで障害年金年額199万円

(内訳)障害基礎年金分:約779,000円 障害厚生年金分:約985,000円 配偶者加給年金分:224,300円

②60代で障害基礎年金2級を受給(肢体の障害)

配偶者なし、子の加算なし、7年さかのぼって認定で障害年金年額約78万円、初回振込額373万円

③50代で障害手当金を受給(眼の障害)

障害手当金162万円を一時金で受給

④40代で障害共済年金2級を受給(精神の障害)

配偶者あり、子の加算ありで障害年金年額218万円

(内訳)障害基礎年金分:約779,000円、子の加算分:約224,000円、障害厚生年金分:約838,000円、配偶者加給年金分:224,900円、職域加算分:122,000円

 

いくらもらえるかを確認するポイント

①初診日における障害年金の書類

該当可能性があるのが障害基礎年金なのか障害厚生(共済)年金なのかを確認します。特に精神障害では病名が変わったり、合併症での障害などでは初診日がいつになるかよく確認が必要です。

②障害の等級

現在の症状が認定基準上では何級に該当する可能性があるのかを確認します。

③各種加算

配偶者加算や子の加算がつくかを確認します。

④年度ごとの金額

遡ってもらえる可能性がある場合、過去の分を確認します。

 

どうすれば障害年金がもらえるか

障害年金は主に3つの条件に該当している必要があります。①初診日の条件 ②障害認定日での障害等級 ③年金の納付条件 です。具体的にはどういった条件かはこちらよりご確認下さい。

詳しくはこちら ▷

 

いくらもらえる可能性があるか詳しく確認したい場合

☑受給可能性があるか確認したい

☑いくらもらえる可能性があるか確認したい

こうしたご質問に個別相談会にてご確認いただけます。

詳細・お申込みはこちら ▷

お問い合わせフォームから(24時間365日受付)

好きなタイミングでフォームからもお問い合わせいただけます。

    お名前

    メールアドレス

    お電話番号

    ご年齢

    お住まいの市区町村 例 仙台市宮城野区

    傷病名

    お問い合わせの種類※
      障害年金の相談についてセミナーについて研修・講演依頼についてその他

    具体的なご相談内容

    ご連絡方法の希望・時間帯について
      

    ※原則1営業日以内にご連絡いたします。2営業日経過後も連絡がない場合、お手数ですが、再度その旨をお知らせ下さい。

    個人情報保護方針

    「障害年金の金額はいくらもらえるか」の関連記事はこちら

    受給された方からのインタビューをご紹介します
    出張ご相談のお知らせ