仙台で障害年金をお考えなら|仙台・盛岡障害年金センター

障害年金の適切な受給へ

障害年金で本来受け取る権利のある方々が受給に至っていないこともあります。多くが「障害年金を知らないこと」や「制度の理解が難しいこと」で起こってしまいます。「知らないこと」で障害年金の時効にかかってしまったり、「正確に制度を把握できず」申請を進められなかったケースが実際にあります。

広い障害年金の対象者

障害年金はさまざまな病気やケガで対象になります。病気やケガの種類より「実際にどういった病状が日常生活やお仕事に支障があるか」が認定の基準になります。

>>対象となる傷病一覧はこちら

複雑な障害年金の申請

障害年金の受給のポイントに①初診日②障害認定日③納付要件での状況があげられます。また申請の種類も認定日請求(原則)と事後重症請求(予備的請求)など区別があります。複数の病状がある場合には「併合」した等級認定になる場合があります。

このようにポイントをまとめた状態で理解することが必要になります。ここで制度の理解が複雑な状況で「片手間」で申請を進めるのは得策とは言えません。

>>障害年金の受給のポイントはこちら

ぜひ、専門家の支援を

ご自身やご家族が自身で進められたり、病院の相談員や施設の支援員の方とともに申請を進めることも多いのではないでしょうか。それでも申請を進めることが可能です。ですが判断の根拠について「正確に理解」していながら進めることができるかは難しい部分があります。また相談員や支援員の方も業務の一環として「事務的な支援」を中心のご支援となることも少なくありません。その点国家資格者である社会保険労務士は公的年金に関する唯一の国家資格者です。法律や認定基準、過去の判例などを根拠にお話しや手続きを進めていきます。

社会保険労務士の支援を受けた方がいい3つの理由

①豊富な経験に基づくヒアリング力

年金事務所や市役所では限られた時間の中で相談が行われます。そのため概要を確認した上で、お話が進められることもあります。また担当者が病気の特徴を知らない場合にはどういった障害があるのか共有できないこともあります。この点社会保険労務士であれば、質問を通して「すでに忘れていたこと」や「詳しい病気の状況」なども確認していきます。

②正確で詳しい知識

国家資格者である社会保険労務士は判断の根拠を法律や医学的知識などにおきます。そのため「勘と経験」に頼らず判断いたします。「これまで経験がないから」「なんとなく難しい」といったあいまいな判断は行いません。

③手続き負担の軽減

社会保険労務士であれば年金請求の代行業務が法律でも認められています。専門家が専門知識をもって医療機関や年金事務所等と連携して申請を進めていくことが可能になります。「よくわからなくて困った」「書類のやり取りが大変」というような手続きでの負担が大幅に軽減することができます。

申請・受給事例

実際に当センターでの申請支援を行ったケースを一部ご紹介いたします。病状や通院状況等によりますが、受任から申請までおよそ1ヶ月~3ヶ月程度が多いです。

>>受給事例はこちら

無料相談会をご活用下さい!

随時当センター(仙台市宮城野区)にて障害年金に関する個別相談会を随時実施しております。まずは障害年金についてどういったところがお困りなのか、お気軽にお問合せ下さい。

 

 

詳細

会場
  • ベストパートナー社会保険労務士事務所
  • 〒983-0833
    宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目11-18 メゾン・イースト203

日程

完全予約制のためお電話にてお問い合わせ下さい。

 

ご相談会の流れ・お問い合わせはこちら

相談会の詳細やその他障害年金についてお困りのことがございましたら、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

>>無料個別相談会の流れと相談会ご予約はこちら

仙台市近郊にお住まいの方へ

大崎市、白石市、石巻市など仙台市近郊の宮城県にお住まい方に不定期で出張相談会を開催しております。開催についてまずはお問い合わせ下さい。