障害年金に関する基礎知識

「障害年金」とは、公的な年金の1つで病気やケガが原因で障害を負った方へ国から給付される公的年金です。65歳以前に発症した病気やケガで、長期にわたり日常生活や仕事に支障がある人に対して支払われる年金です。なお障害者手帳と障害年金は別な制度ですので、障害者手帳を持っていないと申請できないというものではありません。

対象となるポイント

・原則として20歳から64歳までの人がもらえます。
・さまざまな病気やケガで対象になります。(以下の詳細をご覧ください。)

大きくは次の3つの条件を満たしていることが必要です。

主な条件

①初診日が次の加入期間にあること

障害の原因となった病気やけがの初診日に国民年金または厚生年金(共済年金)に加入していること

②障害認定日以降の病状が障害等級表に定める等級に該当していること

障害の状態が、障害認定日(初診日から1年6ヶ月経過時※)に、障害等級表に定める以下の等級に該当していること

※状況によりそれよりも前から認められるケースがあります。

③年金保険料の納付要件を満たしていること

(1)20歳から初診日の前々月末日まで間で3分の2以上年金を納めていること(免除等を含む)

(2)初診日の前々月末日からその前1年間に未納がないこと(免除等を含む)(特例措置)

>>上記①∼③の条件に当てはまっている可能性があるかご確認されたい場合は無料相談をご活用ください。

対象となる傷病例

対象となる傷病は幅広く様々なものが対象になります。

※下記は一例であり、下記にない傷病でも対象になるものもあります。

障害年金の対象となる主な傷病

ブドウ膜炎、緑内障(ベーチェット病によるもの含む)、白内障、眼球萎縮、網膜脈絡膜萎縮、網膜色素変性症、眼球萎縮、網膜はく離、腎性網膜症、糖尿病網膜症 

>>眼の受給事例の一部はこちら 

聴覚、平衡機能

感音性難聴、突発性難聴、神経性難聴、メニエール病、頭部外傷又は音響外傷による内耳障害、薬物中毒による内耳障害

>>聴覚・平衡機能の受給事例の一部はこちら

鼻腔

外傷性鼻科疾患

口腔(そしゃく言語)、言語

上顎癌、上顎腫瘍、喉頭腫瘍、喉頭全摘出手術、失語症、脳血栓(言語)など

>>口腔(そしゃく言語)、言語の受給事例の一部はこちら

肢体の障害

事故によるケガ(人工骨頭など)、骨折、変形性股間節症、肺髄性小児麻痺、脳性麻痺脊柱の脱臼骨折、脳軟化症、くも膜下出血、脳梗塞、脳出血、上肢または下肢の切断障害、重症筋無力症、上肢または下肢の外傷性運動障害、関節リウマチ、ビュルガー病、進行性筋ジストロフィー、脊髄損傷、パーキンソン病、硬直性脊髄炎、脳血管障害、脊髄の器質障害、慢性関節リウマチ、筋ジストロフィー、ポストポリオ症候群、線維筋痛症

>>肢体の障害の受給事例の一部はこちら

精神障害

うつ病、双極性障害、統合失調症、てんかん、知的障害、発達障害、ADHD、高次脳機能障害、アルツハイマー等

>>精神障害の受給事例の一部はこちら

呼吸器疾患

気管支喘息、慢性気管支炎、肺結核、じん肺、膿胸、肺線維症、肺気腫、呼吸不全など

>>呼吸器疾患の受給事例の一部はこちら

循環器疾患

心筋梗塞、心筋症、心不全、冠状僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症、先天性疾患など

>>循環器疾患の受給事例の一部はこちら

腎疾患

慢性腎炎、慢性腎不全、糖尿病性腎症、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎など

>>腎疾患の受給事例の一部はこちら

肝疾患

肝炎、肝硬変、肝がんなど

>>肝疾患の受給事例の一部はこちら

糖尿病

糖尿病(難治性含む)、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症など糖尿病性と明示された全ての合併症

>>糖尿病の受給事例の一部はこちら

血液

再生不良性貧血、溶血性貧血、血小板減少性紫班病、凝固因子欠乏症、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形性症候群、HIV感染症

>>血液の受給事例の一部はこちら

その他

人工肛門、人工膀胱、尿路変更、クローン病、潰瘍性大腸炎、化学物質過敏症、周期性好中球減少症、HIV、乳癌・胃癌・子宮頸癌・膀胱癌・直腸癌等のがん全般、悪性新生物、脳脊髄液減少症、悪性高血圧、その他難病

>>その他の受給事例の一部はこちら

>>傷病が対象になるか、無料相談でご確認を

障害年金を考える上でポイントのおさらい

「1」初診日がいつか、はっきり証明できること

「2」障害認定日が到来していること

「3」障害認定日時点で必要な障害等級に該当していること

「4」年金の納付要件を満たしているか確認すること

が障害年金の受給を考える上で確かめることになります。

無料相談のご予約

障害年金の制度は複雑です。ですのでご自身だけで判断するのは難しいと言えます。

もし判断がつかない場合には、ぜひ当センター無料個別相談をご活用下さい。

ご相談の流れ

こちらよりご相談の流れについて確認いただけます。

ご相談の流れはこちら

お電話のご予約

お電話専用受付ダイヤル:0120-640-592にお電話の上、「障害年金の無料相談を希望」とお伝え下さい

受付いただきましたらご相談担当者より弊所発信番号:022-355-6481にて折り返しいたします。

受付時間は平日9時~17時までとなっております。

※相談担当者より返答させていただきます。お問い合わせ内容や業務対応の都合上返答に少々お時間を頂く場合がございます。ご了承下さい。

なおお問い合わせ前に下記「お問い合わせ前に」をご確認下さい。

>>お問い合わせ前に

お問い合わせフォーム

下記のご入力でもご予約可能です。項目を入力後「この内容で送信する」を押下してください。

お名前

メールアドレス

お電話番号

年齢

お住まいの地域

傷病名※

お問い合わせ内容。また連絡時間などのご希望がある場合も下記に詳細をご記入下さい。

※原則1営業日以内にご連絡いたします。2営業日経過後も連絡がない場合、お手数ですが、再度その旨をお知らせ下さい。またメールでの返信をご希望された方で返信が確認できてない場合には、迷惑メールに振り分けられていないかご確認下さい。

個人情報保護方針

簡易判定について

障害年金申請を検討中の方で

・自分がもらえる可能性があるのか、まずは簡単に知りたい。

・相談会の参加は少し状況を見て判断したい

などお考えの方は1分簡単入力!障害年金受給判定をお使い下さい。

選択式の入力フォームにご入力いただければ、後日メールまたはお電話にて簡易判定結果をお知らせいたします。

1分間で入力できますので、ぜひお試し下さい。

>>1分簡単入力!障害年金受給判定についてはこちら

「障害年金に関する基礎知識」の関連記事はこちら