障害年金申請サポートの流れについて

まずは、相談会で申請者様の情報を確認させていただきます。

状況の把握について

・お名前 ・生年月日(年齢)
・ご住所
・電話番号
・傷病名
・初診日
・初診時に加入していた年金の種類
・年金加入期間
・現在の症状

等をお聞きします。

※お答えいただける範囲で構いませんが、なるべく正確にお答えいただきますと、今後の手続きがスムーズになり、結果として早く障害年金を受けていただけるようになります。

面談・ヒアリング

所定の場所にお越しいただきこれまでのご病気履歴、生活状況等について、十分なヒアリングを行います。必要に応じては、出張相談を承っております(別途費用がかかります。)
また定期的に各地で無料障害年金相談会を開催していますので、お時間の合う方はそちらをご利用していただいても結構です。
(無料障害年金相談会の日程は、当ホームページにて確認してください。)
そして、面談時に委任状、契約書、診断書等、書類一式をお渡しします。その際、書類記入上の注意点、特に主治医に診断書作成を依頼する際に留意する点等についてアドバイス致します。

年金事務所にて納付要件・記録の確認

弊所にて、代行し年金事務所にて納付要件と記録の確認をさせていただきます。

受診状況等証明書の依頼・受け取り

初診日を証明する書類でご依頼人様あるいは弊所にて、医療機関にて受診状況等証明書の依頼と受け取りを進めさせていただきます。

障害年金用の診断書の依頼・受け取り

ご依頼人様あるいは弊所にて、障害年金用の診断書の依頼と受け取りを進めさせていただきます。
医師が診断書を正しく書きやすいように参考資料として、これまでの日常生活の状況や治療履歴をまとめた資料を作成させていただきます。

医療機関からの問い合わせ対応、診断書のチェック・不備対応

診断書等、ご案内いたしました書類を弊所にいただき、その内容をチェックします。
そして、修正や加筆が必要かどうかをアドバイスいたします。(ただし、医師の考えや症状によっては修正や加筆に応じてもらえない場合もあります。)

病歴・就労状況等申立書の作成

提出書類の一つである病歴・就労状況申立書をヒアリングさせていただいた内容や診断書の内容に沿って作成します。

公的書類(戸籍謄本・住民票など)の取得

弊所にて代行し必要書類の1つである公的書類(戸籍謄本や住民票など)の取得を代行させていただきます。

必要書類(通帳のコピーなど)の取得、弊所へ郵送

ご依頼人様に障害年金の入金先として必要な通帳のコピーなど必要書類をご準備いただき、弊社へ郵送いただきます。

年金事務所に書類の提出

作成した裁定請求書やご依頼人様の状況に応じて必要となった書類をそろえて、年金事務所(又は市町村役場)に提出します。提出後、年金事務所等からの問い合わせや照会は弊所で代行対応いたします。

審査からの疑義照会対応

疑義照会とは、申請書類に記載されている内容で疑問点や不明点を感じた場合に作成者に対して内容の確認が行われることです。万が一発生した場合、ご依頼人様ですと回答が出来かねると受給決定を可否に大きな影響もあるため、弊所にて対応代行させていただいております。

障害年金の決定後、年金機構より年金証書を受領。年金証書のコピーを郵送

障害年金の決定には、裁定請求書の提出から約3~4カ月ほどかかります。
(ケースによってはもう少しお時間がかかる場合もあります)
決定されますと、ご自宅に年金証書が届きます。
ご依頼人様には年金証書のコピーを郵送いただき、同じ年金証書を見ながら、記載されている内容のご説明や障害年金の更新をする際の注意点なども細かくお電話などでご説明させていただきます。

弊所から請求書の発行・郵送。年金の入金確認後、サポート費用のお支払い

年金証書の決定日から、年金のお支払い日の目安がわかります。そちらを元に年金の初回お振込みがありました、ご請求書を発行させていただきます。サポート費用についてはこちらよりご確認下さい。

「障害年金申請サポートの流れについて」の関連記事はこちら