障害年金の権利を失わないために

障害年金は本来、ご本人やご家族が請求するものです。 しかしながら下記のような理由により、障害年金の請求を諦めたりうまく申請できないケースがあります。

● 初診日証明がとれず、請求を諦めてしまった

● 「5年遡及」などの仕組みを知らず、さかのぼって請求しなかった

● 病状の実態を伝える文章の書き方がうまくできず、障害年金の申請が進められなかった

● 診断書を医師に書いてもらえず、そのまま請求を諦めてしまった

● 医師に書いて頂いた診断書に記入ミスがあり、請求したものの返されてしまった

● 診断書と申立書の内容が一致していないと却下された

● 一度不支給となってしまい、その後請求しても却下されてしまい、請求を諦めた

● 年金事務所の方にうまく説明できず、障害年金の申請をそれ以上進めることができなかった

障害のために生活も、経済的にも苦しんでいるのに理解してもらえない、制度が難しく大変…とお感じの方が非常に多くいらっしゃいます。

障害年金の制度は申請が簡単ではないため、大変な思い、面倒な思いをされている方が現実に多いのです。

しかし、こうしたお悩みは障害年金に注力しており、実績が豊富な社会保険労務士に依頼すれば、解決することが多いです。

当事務所では、多くの相談者に対して、個別無料相談会を承っております。

障害年金は早く請求した方が一生涯に渡ってもらえる金額が多くなるため、早めのご相談、ご請求をおすすめします。

一人で悩まずに、まずはご相談ください。

「障害年金の権利を失わないために」の関連記事はこちら