実際の相談事例

 >> うつ病の方と障害年金個別相談会を行いました。(精神)(仙台市)

相談時の状況 うつ病だが障害年金の受給が可能かどうかのご相談をいただきました。 申請に向けたポイント 日常生活をお聞きしたところ障害年金の受給の可能があると判断いたしました。 また、病気になってから5年以上経っているので場合によってはさかのぼっての申請もできることをご説明しました。 お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談してみませんか? 相談会では、以下のようなお悩み・ご 続きを読む >>

 >> パニック障害の方と障害年金個別相談会を行いました(精神)(仙台市)

相談時の状況 パニック障害を患っているが障害年金の受給が可能かどうかのご相談をいただきました。 申請に向けたポイント まず「パニック障害」は障害年金の対象にならないことをご説明しました。 ただ「パニック障害」以外にも精神疾患を併発させている場合は障害年金の受給ができる可能性があることも併せてお話ししました。 お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談してみませんか? 相談会で 続きを読む >>

 >> 狭心症の方と障害年金個別相談会を行いました

相談時の状況 狭心症で手術を受けたが障害年金の受給が可能かどうかのご相談をいただきました。 申請に向けたポイント まず「狭心症」は障害年金の対象になることをお話ししました。 ただ、「ステント挿入」または「カテーテル手術」の場合で現状特に症状がない場合は障害年金の受給は難しいことをご説明しました。(手術によって「人工血管」「ペースメーカー」などを入れている場合は「障害年金上」 続きを読む >>

 >> 頸椎捻挫・腰椎捻挫を患っている方と障害年金個別相談会を行いました。(仙台市)

相談時の状況 頸椎捻挫・腰椎捻挫を患っているが障害年金の受給が可能かどうかのご相談をいただきました。 申請に向けたポイント まず「頸椎捻挫・腰椎捻挫」は障害年金の対象になることをお話ししました。 また、症状としては「肢体の障害」または「体幹・脊柱の障害」での判定になることをご説明しました。 お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談してみませんか? 相談会では、以下のようなお 続きを読む >>

 >> うつ病の方と障害年金個別相談会を行いました。(精神)

相談時の状況 うつ病だが障害年金の受給が可能かどうかのご相談をいただきました。 申請に向けたポイント お話を伺ったところ、障害年金の受給の可能性があると判断いたしました。 また、初診日(最初に病院に行った日)に加入していた年金が厚生年金とのことでしたので「障害厚生年金」に該当することをお話しいたしました。 お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談してみませんか? 相談会では、 続きを読む >>

 >> 慢性腎不全(高血圧)による 腎機能障害の方と障害年金個別相談会を行いました。(仙台市)

相談時の状況 慢性腎不全(高血圧)による腎機能障害を患っているが障害年金の受給が可能かどうかのご相談をいただきました。 申請に向けたポイント お話を伺ったところ、障害年金の受給の可能性があると判断いたしました。 今後、申請するにあたりまして腎不全がどういった原因によるものかを詳しく確認する必要があることをお話しいたしました。 お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談してみませ 続きを読む >>

 >> うつ病の方と障害年金個別相談会を行いました。(精神)(北上市)

相談時の状況 うつ病だが障害年金の受給が可能かどうかのご相談をいただきました。 申請に向けたポイント お話を伺ったところ、初診日(最初に病院に行った日)から1年半経過していなかったため、1年半経過した時点で今と同じような症状であれば、障害年金の受給の可能性があることをご説明しました。 また、初診日に加入していた年金が厚生年金だったため、「障害厚生年金」に該当することもあわせ 続きを読む >>

 >> 発達障害・知的障害の方と障害年金個別相談会を行いました。(精神)

相談時の状況 発達障害・知的障害を持っているが障害年金の受給が可能かどうかのご相談をいただきました。 申請に向けたポイント お話を伺ったところ受給の可能性があると判断いたしました。だたし、まだ20歳になっていないため障害認定日(申請できるタイミング)は20歳になってからになることをご説明しました。 また、20歳前からの発症のため年金の納付要件は問われないことも併せてご説明し 続きを読む >>

 >> うつ病の方と障害年金個別相談会を行いました。(精神)(仙台市)

相談時の状況 うつ病で一度相談に行ったが年金を収めている期間が不足しているため、申請できなかった。その後、未納部分の一部を納めたが障害年金の受給が可能かどうか知りたいとのご相談をいただきました。 申請に向けたポイント 日常生活をお聞きしたところ障害年金の受給は可能だと判断いたしました。ただし、初診日(最初に病院に行った日)での納付要件については確認が必要なことをお話しいたしま 続きを読む >>

 >> 原発性局所多感症手術による後遺症を患っている方と障害年金個別相談会を行いました。(仙台市)

相談時の状況 原発性局所多汗症手術による後遺症で代償性、味覚性による全身大量発汗を発症しているが障害年金の受給が可能かどうかのご相談をいただきました。 申請に向けたポイント 申請の難しさはあると思いますがもらえる可能性はあるかもしれないと判断いたしました。申請に向けてより詳しく日常生活への影響などについて確認していく必要があることをご説明しました。(特に①原発性局所多汗症手術 続きを読む >>

<< 前の記事を見る
受給された方からのインタビューをご紹介します
出張ご相談のお知らせ