脳梗塞で5年分遡及請求が認められ、障害基礎年金2級年額78万円、遡及金額390万円の受給ができたケース

障害年金受給の詳細

男性(60代)
傷病名:脳梗塞
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給金額:年額78万円・遡及金額390万円

相談時の状況

お姉様からご相談いただきました。 65歳から受け取れる老齢年金のご案内が年金事務所から届き、初めて障害年金の申請をされていないことに気付き当センターへご依頼をいただきました。

相談時における申請でのポイント

65歳の誕生日前日までに申請する必要があるため、早急に申請を行う必要がありました。そのため医療機関等にもご協力をいただきました。

※認定日請求の場合、65歳を過ぎても申請は可能です。

また、受給決定された場合は障害年金か老齢年金どちらか一方しか受給できません。高い方を選択する手続きをする必要があります。

受任から申請までに行ったこと

年金の納付記録を調べていると、納付要件を若干満たしていないことがわかりました。しかし、平成3年3月31日までに大学生だった期間があったことから在籍期間証明書の発行ができれば、その期間は任意加入期間として被保険者期間から除外することができます。このことから在籍期間証明書の発行の可否が大きなポイントでした。

また症状も肢体の障害と失語症を併発しており、併合認定を受けられれば2級相当と考えられ、申請を進めました。

無事在籍期間証明書の発行ができ、また医療機関の協力も得て、過去5年分の遡及請求が認められました。

肢体のみでは2級は難しいと思われ、失語症も合わせて2級に認められました。