事例

 >> 双極性障害による事後重症請求で認定後の遡求請求が認められたケース

障害年金受給の詳細 女性(50代) 傷病名:双極性障害 決定した年金種類と等級:障害共済年金3級 受給金額:年額80万円・遡及金額320万円 ご相談の経緯 ご自身で申請した際、認定日請求(遡及請求)したはずがなぜが事後重症請求で障害共済年金3級を受給されておりました。事務担当である共済組合と再度の認定日請求についてやり取りされておりましたが、先に進まず時間がかかり、またご自身では難しいと 続きを読む >>

 >> 右同名性半盲で障害手当金162万円の受給が認められたケース

障害年金受給の詳細 男性(50代) 傷病名:右同名性半盲 決定した年金種類と等級:障害手当金 受給金額:年額162万円 ご相談の経緯 制度上複雑で自身での申請が難しいいため、当センターへご依頼いただきました。 相談時における申請のポイント 脳梗塞が原因で目の右側が見づらくなり、現状では障害年金の等級に該当するかどうかギリギリのラインでした。そのため障害手当金も視野に入れて手続きを進め 続きを読む >>

 >> 慢性腎不全で障害厚生年金2級年額152万円の受給が認められたケース

障害年金受給の詳細 男性(50代) 傷病名:慢性腎不全 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給金額:年額152万円 ご相談の経緯 仕事が忙しくご自身での申請が難しいため、当センターへご相談をいただきました。 相談時における申請のポイント 既に透析中だったため、一か月でも早く申請することが大事になってきます。 慢性腎不全の場合、初診日の特定が困難になり申請自体が遅れることがあり 続きを読む >>

 >> 双極性感情障害で障害共済年金2級年額162万円の受給が認められたケース

障害年金受給の詳細 男性(50代) 傷病名:双極性感情障害 決定した年金種類と等級:障害共済年金2級 受給金額:年額162万円 ご相談の経緯 障害年金の制度が複雑でよく分からないためご自身での申請は難しく、また、専門家に依頼した場合どのような違いがあるのか知りたいということで当センターへご相談をいただきました。 相談時における申請のポイント 同時に複数の医療機関を受診されており、どの 続きを読む >>

 >> 腰部脊柱管狭窄症で障害共済年金3級年額72万円の受給が認められたケース

障害年金受給の詳細 女性(50代) 傷病名:腰部脊柱管狭窄症 決定した年金種類と等級:障害共済年金2級 受給金額:72万円 相談時の経緯・概要 自分は受給できるかのかご相談いただきました。 少しだけ共済年金の方とやり取りされていましたが、自身では難しいため当センターへご依頼いただきました。 相談時における申請でのポイント 共済年金独自のルールがあるため、慎重に手続きを進める必要があ 続きを読む >>

 >> うつ病で障害厚生年金2級年額170万円の受給が認められたケース

障害年金受給の詳細 男性(50代) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給金額:170万円 相談時の経緯・概要 奥様と一緒に相談会へお越しいただき、自身での申請は難しため当センターへご依頼いただきました。 相談時における申請でのポイント 最近になって、以前通われていた病院へ通院を再開したばかりでした。 医師から数カ月様子を見ないと書けないと言われたため、作成 続きを読む >>

 >> 脳梗塞で5年分遡及請求が認められ、障害基礎年金2級年額78万円、遡及金額390万円の受給ができたケース

障害年金受給の詳細 男性(60代) 傷病名:脳梗塞 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給金額:年額78万円・遡及金額390万円 相談時の状況 お姉様からご相談いただきました。 65歳から受け取れる老齢年金のご案内が年金事務所から届き、初めて障害年金の申請をされていないことに気付き当センターへご依頼をいただきました。 相談時における申請でのポイント 65歳の誕生日前日までに 続きを読む >>

 >> 癌で障害厚生年金の遡及請求が認められ年額58万円、遡求額116万円が受給できたケース

障害年金受給の詳細 女性(50代) 傷病名:十二指腸乳頭部癌 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 受給金額:年額58万円・遡及金額116万円 相談時の状況 相談時、骨、肺に転移があり、化学療法中でおられました。 自身での申請は、時間がかかるため当センターへご依頼をいただきました。 相談時における申請でのポイント 遡及請求が可能かどうか。癌の認定は難しく、認定日時点での病状を詳 続きを読む >>

 >> 反復性うつ病性障害で障害基礎年金2級年額120万円の受給が認められたケース

障害年金受給の詳細 女性(30代) 傷病名:反復性うつ病性障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給金額:123万円 相談時の経緯・概要 途中まではご自身で手続きを進めておられました。 面談した際、ご自身で準備した診断書2枚もご持参いただきました。 10年前の診断書では病状的に難しく、また、現時点での診断書も自分が感じているより軽く書かれているとおっしゃっておりました。 続きを読む >>

 >> 別の病気で障害年金の申請できなかったが、その後発症した拡張型心筋症にて障害厚生年金3級に認められたケース

障害年金受給の詳細 男性(40代) 傷病名:拡張型心筋症 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 受給金額:58万円 相談時の状況 たくさんの病気をお持ちで、また保険料未納期間もあるためどの病気でだったら申請できるか当センターにご相談いただきました。 社労士による見解 以前から腎臓機能障害のため人工透析中でした。人工透析中の場合、障害等級では原則2級に該当します。しかし、腎臓機能 続きを読む >>

<< 前の記事を見る