軽度知的障害と反復性うつ病性障害を合併して障害基礎年金2級年額130万円受給できたケース

障害年金受給の詳細

女性(20代)
傷病名:軽度知的障害、反復性うつ病性障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給金額:130万円

相談時の状況

病院等から案内があり、ご自身で申請していましたが、不支給となっていました。そこで当センターへご依頼いただきました。

社労士による見解

知的障害があるようでしたが、診断は軽度知的障害のみで、そのままでは難しいと判断していました。そこで他に精神疾患がないか確認する必要がありました。 今回は軽度知的障害後にうつ病を発病していたため、同一疾病とし手続きを進めました。

受任から申請までに行ったこと

障害認定日時点は軽度知的障害という診断でしたが、申請時点では境界知能という診断になっていました。知的障害の場合、初診日は生まれたときになりますが、それ以外では変わってきます。そこで知的障害と反復性うつ病性障害を同一疾病であるとして主張を組み立て申請しました。2級を受給することができました。

お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談してみませんか?

相談会では、以下のようなお悩み・ご質問にお答えしております

●障害年金をもらうための必要書類は何か
●障害年金をもらいたいが、自分はもらえるのか
●医者に「診断書の取得が難しい」と言われたが、どうにかならないか・・・?
●年金事務所に行っても「少し難しい」と言われたので、諦めかけている。方法はないか?

ご相談の流れとお問い合わせについて

ご相談の流れとお問い合わせについては、こちらのページをご覧ください。

メールでのお問い合わせはこちら

お名前

メールアドレス

お電話番号

年齢

お住まいの地域

傷病名※

お問い合わせ内容。また連絡時間などのご希望がある場合も下記に詳細をご記入下さい。

※原則1営業日以内にご連絡いたします。2営業日経過後も連絡がない場合、お手数ですが、再度その旨をお知らせ下さい。またメールでの返信をご希望された方で返信が確認できてない場合には、迷惑メールに振り分けられていないかご確認下さい。

個人情報保護方針