双極性感情障害で障害厚生年金2級年額160万円が認められたケース

障害年金受給の詳細

男性(40代)
傷病名:双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給金額:160万円

相談時の状況

制度がわかりづらいこととご自身やご家族での申請が難しいと判断されたため当センターへご依頼いただきました。

社労士による見解

初診日が10年以上前で、さらに通院の記憶が曖昧だったため、初診日の証明について慎重に手続きを進める必要がありました。

受任から申請までに行ったこと

最初に受診状況等証明書を取得した際に、他の病院の通院を示唆する記載がありました。さらに調査したところ、とある医療機関の通院可能性が判明しました。その医療機関で、初診の証明依頼をしたところカルテはなかったものの「通院の記録」が残っていたため、その記録を証明いただきました。結果としてその記録が初診日として認定され、結果2級での受給が認められました。

受給された方からのインタビューをご紹介します
出張ご相談のお知らせ