腎疾患

 >> 腎機能障害と糖尿病網膜症で障害厚生年金1級が認められたケース

ご相談者様 ご相談者様:宮城県仙台市の男性(50代) 傷病名:腎機能障害、糖尿病網膜症、血管新生緑内障 決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級 受給金額:年額221万円 相談時のご相談者様の状況 自身で障害年金の申請についてお調べされていました。しかし、初診日の証明が難しいため、弊所へご依頼いただきました。 ご相談後申請までのサポート 複数の傷病をお持ちでしたので、病歴や通院歴を 続きを読む >>

 >> ご自身で申請・不支給決定がされた後、再度申請して慢性腎不全で障害厚生年金2級年額153万円に認められたケース

ご相談者様 ご相談者様:岩手県花巻市の男性(50代) 傷病名:慢性腎不全 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給金額:153万円 相談時のご相談様の状況 ご自身で申請した際に、生来性の病気と現在の病気の相当因果関係が認められてしまい、初診日がご自身の主張より20年近くさかのぼった日という認定になりました。そのため請求した障害厚生年金ではなく、障害基礎年金での認定になるがよいか? 続きを読む >>

 >> 慢性腎不全で障害厚生年金2級年額152万円の受給が認められたケース

障害年金受給の詳細 男性(50代) 傷病名:慢性腎不全 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給金額:年額152万円 ご相談の経緯 仕事が忙しいがご自身での申請が難しいが、ご家族からできたら障害年金を受給してほしいという希望があったため、当センターへご相談をいただきました。 相談時における申請のポイント 既に透析中だったため、手続きが遅くなる受給権の発生も遅くなる状況でした。そ 続きを読む >>

 >> フルタイム就労中しながら1か月以内で申請を進め、慢性腎不全で障害厚生年金2級年額120万円の受給が認められたケース

ご相談者様 ご相談者様:岩手県八幡平市の男性(50代) 傷病名:慢性腎不全 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給金額:120万円 相談時のご相談様の状況 間質性肺炎と診断されステロイド治療を開始。その後、ステロイド薬の副作用で糖尿病を発症し、インスリン治療を開始しました。 その後しばらくは血糖値のコントロールも良好だったが、末期腎不全という診断され人工透析を開始されたとのこと 続きを読む >>

 >> 糖尿病が初診となり、かつ初診の病院が廃業している状況で慢性腎不全で障害年金年額119万円の受給が認められたケース

ご相談者様 ご相談様:岩手県大船渡市の男性(50代) 傷病名:慢性腎不全 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給金額:119万円 相談時のご相談様の状況 18年以上前に血液検査を受けた際に血糖値が高いことを初めてお知りになりました。また会社の健康診断でも尿に糖が出ていることを指摘されたため病院を受診。糖尿病と診断されました。その後は、食事療法と合わせて、インスリン注射を投与し、 続きを読む >>

受給された方からのインタビューをご紹介します
出張ご相談のお知らせ